メニュー おすすめ
     

第8回:自動車内の花粉対策

2018.03.25
TOP>知って得する福祉車輌情報>第8回:自動車内の花粉対策
菜の花

こんにちは、スマイルカーリースの田中祥太朗です。

前回はスタッドレスタイヤとタイヤチェーンのそれぞれの特徴をお伝えしました。今回は快適に車の中で過ごせる花粉対策について考えていきましょう。

乗車前の花粉対策
一つ目のポイントは花粉を車内に入れないことです。まず簡単なことですが、乗る前に服についた花粉を叩いて落とすだけでも効果があります。特にセーターなどの静電気が発生しやすい素材の服や、鞄などでこすれるところは花粉がつきやすいので、重点的に叩くことをおすすめします。

運転中の花粉対策
次に運転中の花粉対策です。当たり前のことですが走行中に窓を開けないことです。車の中でエアコンは車外から花粉を取り込まないように内気循環で走行するとよいでしょう。 また、意外と知られていないことですがエアコンフィルターを交換することも花粉対策として効果があります。エアコンフィルターは花粉やチリ、ウイルスやイヤな匂いを抑える機能があります。
一般的な車では、助手席側にあるグローブボックスを外すとフィルターを交換できるようになっています。長期間交換していないと、性能が低下し、汚れた空気を循環させてしまうだけでなく、花粉を食い止めることもできません。エアコンフィルターの交換料金は車種によって違いますが一般的な乗用車では2,000円程度なので花粉が気になる方は一度お試しください。

空気清浄機もおすすめ
それでもまだ十分ではないと感じる方は、車内に置けるタイプの空気清浄機があります。
車内に入ってしまった花粉はエアコンの風邪などで舞ったりします。空気清浄機は花粉を取るだけでなく、ウイルスの活動を抑えてくれるので、お客様を送迎する車両には必要なアイテムだと思います。
サイズは缶ジュースくらいなので、ドリンクホルダーに置いて使用できます。また、足元に落ちてたまった花粉を簡単に取り除くには掃除用のコロコロローラーをひとつ用意しておくと便利です。送迎が終わった後に床だけでなくシートもコロコロしておくといいですね。


次回も知って得する福祉車両の情報をお届けします。お楽しみに。



「カーリースを検討している、見積りが欲しい」
車に関して悩みがある皆さま、まずはお気軽にご連絡ください。

jizen

事前審査申込書

youtube_its

youtube

すぐにお届け!

トヨタ ハイエース Bタイプ 車いす2名

トヨタ ハイエース Bタイプ 車いす2名

トヨタ ハイエースバン 3/6名 GLパッケージ

トヨタ ハイエースバン 3/6名 GLパッケージ

日産 NV200/バネットチェアキャブ 車いす1名

日産 NV200/バネットチェアキャブ 車いす1名

大人気車両

日産 NV350キャラバン チェアキャブ 車いす 2名

日産 NV350キャラバン チェアキャブ 車いす 2名

ダイハツ タントスローパー 車いす1名

ダイハツ タントスローパー 車いす1名

トヨタ ヴォクシー サイドリフトアップシート

トヨタ ヴォクシー サイドリフトアップシート
  • フランチャイズ向けカーリース
  • 納車までの流れ
  • 事前審査申込書のダウンロードはこちら