メニュー おすすめ
     

第6回:冬の運転の注意点

2018.01.16
TOP>知って得する福祉車輌情報>第6回:冬の運転の注意点
スタッドレスタイヤ

こんにちは。スマイルカーリースの有路往真です。

前回は送迎中の注意点についてお話ししました。今回は本格的な冬のシーズンを迎えたことで、冬の運転に関しての注意点についてお伝えしていきます。

冬用のタイヤは雨が苦手
皆さんは冬の自動車のメンテナンスと聞いて一番に思いつくものは何でしょうか? 恐らく「スタッドレスタイヤなど冬タイヤへの交換」ではないでしょうか。冬タイヤに交換しておけば安心、と思いがちですが実は冬は雪以外にも隠れた危険が沢山あります。冬タイヤは雪道には強いのですが、その反面、吸水性が強いので、雨にはあまり強くありません。雨が降り、水がたまった道路でスピードを出してしまうと、タイヤが路面から浮いたような状態となり、ブレーキが利かなくなってしまう恐れがあります。

私も一度、これを経験してヒヤッとしました。タイヤが滑り出すと落ち着いて車をコントロールするのは至難の業です。怖いですよね。そうならないとように、慎重に運転してください。


雪がなくとも運転には注意
また、都心や雪の降らない地域でも冬場は油断禁物です。 特に朝方は気温が下がり路面が凍結してしまっている恐れがあります。凍結している道路や雪が降り積もっている道路は非常に滑りやすくなっています。そうした道路でのスピードの出し過ぎは、カーブを曲がり切れなかったり、交差点などで思うように停止ができなかったりという事態を引き起こし、大きな事故に繋がってしまう可能性があります。
また、車間距離が十分でないと、前方の車に追突する危険性が高まる事だけでなく路面状況把握しづらくなります。雨や雪で視界が悪くなってしまうこともあるので、その時は日中でもライトを点けましょう。車を運転している時はもちろんですが、乗り降りする時も路面が凍結していて滑る危険性がありますので、安全確認はしっかり行いましょう。


いかがでしたか?ご自身の運転や、自動ブレーキや横滑り防止等の安全装備を過信せずに、まずは車間距離をしっかり取り、安全運転を心がけることが一番ですね。

次回も運転中の注意点を中心にお伝えします。

「カーリースを検討している、見積りが欲しい」
車に関して悩みがある皆さま、まずはお気軽にご連絡ください。

低燃費の車、どれが私にあってるの?

低燃費の車、どれが私にあってるの?

jizen

事前審査申込書

youtube_its

youtube

すぐに乗れるクルマ

ダイハツ ミライース

ダイハツ ミライース

ホンダ N-ONE

ホンダ N-ONE

日産 AD

日産 AD

日産 NVバネットバン

日産 NVバネットバン
  • 今月だけの大特価SALE
  • フランチャイズ向けカーリース
  • 納車までの流れ
  • 事前審査申込書のダウンロードはこちら