fbpx
メニュー おすすめ
     

第5回:送迎中の注意点

2017.12.25
TOP>知って得する福祉車輌情報>第5回:送迎中の注意点

こんにちは。スマイルカーリースの田中祥太郎です。


前回は、車いすで福祉車両に乗降する際のリフト使用の注意点などについて話ししました。しかし、停車時は安全に対応することができても、運転中は何かと危険が多いものです。利用者をより安全に、より快適に送迎するのは事業者の大きな課題になると思います。そこで、今回は送迎中の注意点についてお話します。


皆様は、車いすで送迎車に乗って移動したことはありますか。私は実際に車いすで送迎車に乗ってみたことがあります。私はジェットコースターマニアなのですが、それでも運転によっては、揺れを感じましたし、特に右折・左折時には「怖い」と感じることがありました。


普段、送迎車を運転している方や移動をサポートしている方々は、ぜひ一度体験してください。運転する側の感覚と、利用者の目線では揺れ方から乗車中の周囲の様子の見え方まで、様々な面で違うということを感じ取れるでしょう。


案外見落としがちなのが、運転者は車両に固定されたシートを使用しているのに対して、車両には固定されていない車いすで乗っているという点です。また、ヘッドレストの付いていない車いすと付いている車いすとでは、首元の安定度が違います。


車いすは固定装置で車に固定されているだけですので、運転の度合いによっては車いす自体が動いてしまうこともあり大変危険です。車いすの状態次第では、安定感が無く、かつ揺れが大きくなってしまい、利用者が不安を感じてしまったり、緊張してしまったりします。さらには走行中に頭が揺れてしまうことで車酔いになってしまう利用者もいます。


車いすを正しい方法でしっかりと固定することで、安定感も違ってきます。固定装置の装着方法について今一度マニュアルなどで正確な使用方法を確認し、正しい方法でしっかりと固定しましょう。


もとより一番大切なことは、車いすの固定の確認をしっかりと行うこと、思いやりを持った運転を心がけることです。そうした思いやりや心遣いの気持ちはすぐに利用者にも伝わりますので、不安な心も取り除けるでしょう。



「カーリースを検討している、見積りが欲しい」
車に関して悩みがある皆さま、まずはお気軽にご連絡ください。

低燃費の車、どれが私にあってるの?

低燃費の車、どれが私にあってるの?

jizen

事前審査申込書

youtube_its

youtube

すぐに乗れるクルマ

ダイハツ ミライース

ダイハツ ミライース

ホンダ N-ONE

ホンダ N-ONE

日産 AD

日産 AD

日産 NVバネットバン

日産 NVバネットバン
  • 今月だけの大特価SALE
  • フランチャイズ向けカーリース
  • 納車までの流れ
  • 事前審査申込書のダウンロードはこちら