メニュー おすすめ
     

第1回:人材不足と真っ向から向き合うことから始めよう

2019.11.05
TOP>福祉介護の人材採用、定着、育成の教科書>第1回:人材不足と真っ向から向き合うことから始めよう

初めまして、株式会社ビジテラスの本田新也と申します。
私が10年以上介護業界の経営コンサルティングをさせていただく中で、当初はデイサービスなどの集客が中心だったものが、だんだんと需要・課題の変化により今では人材に関わる「採用・定着・育成」が主なテーマとなっています。

本コラムではコンサルティングの現場で直面した課題やどのような取り組みをしてきたのかをご紹介させていただきますので、ご覧いただいている皆様の施設の実情に合わせて使える部分は活用していただけたら幸いです。

さて自己紹介ばかりを長くしても仕方がありませんので、さっそく内容に入ります。

日本全国、ほぼ全業種で「人が足りない!」という悲鳴が聞こえてきています。日本の「少子超高齢化」という人口構成においては、時間がこの問題を解決してくれるどころか、より一層の人材不足が加速することは明らかです。その影響として、廃業の道を選ばざるを得なかった企業や事業を縮小、人材派遣に頼り利益を派遣会社のために吐き出しているところなど、経営者としては目の前が暗くなる話が溢れています。

一方で求職者の立場から考えてみると、非常に強気に出られる幸運な市場ともいえるでしょう。自分の考えや将来への在り方、その人なりの働きやすい職場を求めるなどを探し出し、応募することができるのです。どの企業も人が足りませんので次から次に情報が手元に届けられるため、「見てもらえない求人情報」はこれまでとは比較にならないほど増えているという実情もあります。
つまり、今まで以上に求職者にフィットした、「職場環境」「情報」「発信の仕方」を徹底しなければ採用ができないということになります。

この求職者にフィットした「職場環境」「情報」「発信の仕方」はこれからの連載で順次具体的な取り組みをお伝えしていきたいと考えていますが、前提として知っていただきたいことをまずお伝えをしたいと思います。

それは「人材不足」「人手不足」という課題を分解してみるということです。
介護現場のリーダークラスに耳を傾けると「人が足りないのに、上が人を補充してくれない」と意見をもらうので、そんな時には内容を下記のように4つに分解して話し合うようにしています。

① 「人材獲得難」
②「人材育成難」
③「人材定着難」
④「業務過多」

「人材不足」という大きなキーワードの場合、具体的な取り組みを考えることは非常に難しいです。しかし、どういう状態から人材不足を感じるかという視点から問題を分解すると解決の糸口が見つけ出しやすくなります。

上記を例に解説してみます。①人材獲得難はもちろんあるのでしょう。しかしながら介護保険でのサービスの場合、基準として定められている人員がいて、それを満たせない場合の減算が大きいので経営レベルでの判断として、派遣や紹介業者の利用、フロア閉鎖などで対応しているので、最低限の職員はいるはずです。そうすると現場レベルでは違う課題が見えてきます。

それが、②人材育成難、③人材定着難なのです。
②人材育成難のように配置基準上は満たされていても現場レベルでは到底カウントできないということも目にします。特に未経験者採用に力を入れだしたことで、戦力になるまでの期間が延びたことで、一層カウントできない人材によって疲弊している現場あると感じます。
また人材育成難につながりますが、③人材定着難ということもあります。なんとか人材を採用できたとしても、現場主導で教育することの見切りをつけてしまい、「あなたはやめてもらっていいよ」という空気を作ってしまう場面を幾度も目にしてきました。
これではどれだけ、コストをかけ、手間をかけて採用をしてもいつまでたっても人材不足は解決することはありません。

この辺りが人材不足・人手不足という際の裏の病巣です。

最後のはちょっと毛色が異なりますが、よくあるケースでは、特殊な利用者(職員)がいて、それに対応するために特殊な業務を入れている。その利用者(職員)がいなくなったにも関わらず、その業務が残ってしまっていて、それが全体の手間を増やして、残業につながってしまっているという状況です。意外かもしれませんが、私に声を変えていただける施設の多くは、この状態となっており、理由を聞いてみると「昔からこの流れです」と返答をいただくケースです。過去からの流れで、非効率なことをしてしまい、その結果人が足りないという場面は往々にしてあります。

このように「人材不足」を獲得、育成、定着、業務量という視点で分解をしてみると、自施設の課題が見えてきます。さらにユニットごとなどでこのように分解をしてあげると、自分たちで取り組めることは何なのか?という視点でのディスカッションが始まりやすいのでお勧めです。

まず本コラムの第1回目は、「人材不足の状況を分解する」という視点をお伝えしました。

連載コラム 知って得する福祉車輌情報

11月5日より毎週第1・3水曜更新!連載コラム 福祉介護の人材採用、定着、育成の教科書

執筆者紹介福祉介護の人材採用、定着、育成の教科書株式会社ビジテラス 代表取締役 本田新也

介護事業コンサルタントとして多数の介護事業者に人材戦略コンサルティング(採用・定着・育成)や社会福祉法人向けガバナンス強化コンサルティング等、多くの経営課題の解決にあたっている。各種公演・セミナー等でも活躍中。 【著書】(共著)「あの介護施設には、なぜ人が集まるのか ~サービスを感動に変える18の物語~」PHP研究所 (著者)糠谷和弘

「カーリースを検討している、見積りが欲しい」
車に関して悩みがある皆さま、まずはお気軽にご連絡ください。

低燃費の車、どれが私にあってるの?

低燃費の車、どれが私にあってるの?

jizen

事前審査申込書

youtube_its

youtube

すぐに乗れるクルマ

ダイハツ ミライース

ダイハツ ミライース

ホンダ N-ONE

ホンダ N-ONE

日産 AD

日産 AD

日産 NVバネットバン

日産 NVバネットバン
  • 今月だけの大特価SALE
  • フランチャイズ向けカーリース
  • 納車までの流れ
  • 事前審査申込書のダウンロードはこちら