メニュー おすすめ
     

第23回:車ごとの特徴を意識した運転を

2017.08.28
TOP>コラム>第23回:車ごとの特徴を意識した運転を
連載コラム 車のトラブル・悩みはどうすればいいの?

連載コラム 車のトラブル・悩みはどうすればいいの?

生の現場で実際に聞いた、クルマのトラブルや悩みを車両管理アドバイザーが「かんたん解説」

安心で快適な送迎を実現するためのカーマネージメント
スマイルカーリース
車両管理アドバイザー 下澤 まみ

送迎用として人気のあるハイエースやキャラバンなどの車は、その大きな見た目から運転することに苦手意識のある人もいるのではないでしょうか。
大きな車では車を擦ってしまったり、ものにぶつけてしまい車を傷つけてしまったりするケースが多いようです。


普段乗り慣れていないハイエースなどの大きな車ですが、実はミニバンタイプの車とほぼ同じ大きさなのです。ではなぜ大きな車になると傷をつけてしまうケースが多いのでしょうか。それは「ハンドルを切るタイミングの違い」なのです。


大きな車になると、曲がり道で左前を気にして早くハンドルを切ってしまいがちですが、それが車の横を擦ってしまう一番の原因になっています。ハイエースやキャラバンなどの車は運転席の前にタイヤとエンジンがありますので、その分運転席より前が大きくせり出しています。
そのためミニバンタイプと同じようにハンドルを切ってしまうと予想より早く車が曲がってしまいます。前が出ていないハイエースなどの車は少し前(頭)を出してからハンドルを切ると、横を擦らずに曲がることができます。


また、運転に慣れていない人のために、壁やものに車が近づくとバンパーに装着したセンサーが反応して、ブザー音と光の点滅で危険を教えてくれる「コーナーセンサー」や、助手席側のフロントバンパーに車幅や停止線などの目安として目視で確認できる「フェンダーポール」などがあります。


コーナーセンサーは納車後は購入した販売店やカー用品店に持ち込んで取り付けをお願いしなければなりませんが、フェンダーポールは安価に自分で取り付けることができるので、この機会に導入してみても良いかもしれませんね。



「カーリースを検討している、見積りが欲しい」
車に関して悩みがある皆さま、まずはお気軽にご連絡ください。

低燃費の車、どれが私にあってるの?

低燃費の車、どれが私にあってるの?

jizen

事前審査申込書

youtube_its

youtube

すぐに乗れるクルマ

ダイハツ ミライース

ダイハツ ミライース

ホンダ N-ONE

ホンダ N-ONE

日産 AD

日産 AD

日産 NVバネットバン

日産 NVバネットバン
  • 今月だけの大特価SALE
  • フランチャイズ向けカーリース
  • 納車までの流れ
  • 事前審査申込書のダウンロードはこちら